安全且つ仲介手数料を抑えたい貴方に

悪徳業者の典型的な例を掴む

疑問は全て解消すべし

契約の話が進むにつれて疑問が少しずつ浮かび上がってくることも多いと思います。
その疑問を解消しないまま契約が進めば後からどこかで綻びが生じてきますし仲介会社の言いなりということは余程の事が無い限り貴方にとってではなく仲介会社にとって都合の良いように進んでいると解釈しましょう。

ですが、仲介会社はあくまでも仲介するだけの立場。
彼らからすれば貴方は顧客です、気を遣う必要は全くありません。
些細な疑問であってもすぐ解消出来るまで問い詰めて問題ありませんが、答えてくれなかったり濁されるような返答であれば正直言ってお勧め出来ません。
本当に顧客のことを考えている会社であれば貴方の立場に立った時のことを考え、納得行くまで向き合って説明してくれるはずですから。

仲介手数料に関して

仲介手数料はあくまでも上限が決まっているだけでその範囲内であればいくらでも良いという話を別項でしましたが、上限額以上の金額を提示してくる場合もあります。
いくら顧客側に知識が無いからと言ってこれほど悪質な会社はありません。

あたかも上限額を法律で定められた手数料だからと提示するパターンもあるようです。
何度も言いますが仲介手数料は上限が決まっているだけで0円でも問題ないわけですからこのような提示をされた場合も注意が必要です。

基本的に仲介手数料以外の広告費などは依頼主が要望した場合以外では請求することは不可能です。
しかしこれも知識が無いことを良いことに請求をしてくる悪徳業者がいます。

一例に過ぎませんがこれらに少しでも該当する、もしくは怪しいと感じた場合は信用出来ないと判断して手間にはなりますが思い切って仲介会社を変えた方が良いでしょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ