安全且つ仲介手数料を抑えたい貴方に

仲介手数料の基本

特に深い理由がないこともある

仲介手数料が安価もしくは無料の仲介物件も少なくない現代、どの業界でも共通の価格競争が背景にあるというのもまた事実。
他社が安いなら自社は無料もしくは他社以上に安くしなければなかなか客を掴むことが難しいです。

不本意な安さには賃貸物件であれば、空室が続くよりも手数料を安くしてすぐにでも入居してもらいたいという事情もあり、自分が手数料を払ってでも今すぐに借り手を見つけたいという貸し手も多いとのこと。
不動産業間の不毛な価格競争は安さだけを求めてその他の面が疎かになりかねない一方、これから賃貸を考えている人にとっては安く入居するチャンスでもあります。

メリットデメリット双方持ち合わせていますがどちらの方が大きいかは貴方次第となるでしょう。

そもそも仲介していない

仲介手数料は売り手や貸し手と買い手や借り手との間に仲介会社が入ることで契約が成立した際に発生するもの。
つまりこの関係が成立しなければそもそも仲介手数料というものも発生しません。

ではどのような時に仲介手数料が発生しないか。
それは仲介会社が売り手もしくは貸し手となる場合です。
買い手もしくは借り手との直接取引となるので当然仲介手数料の請求権は発生しませんから当然手数料は無料となりますがそもそも請求出来ないものを無料と謳うのは如何なものかとも思いますがそこはあえて触れません。

逆も然りで仲介会社に対して物件を売れば仲介会社という買い手に対してこちらは売り手にあたるので仲介手数料が取られることはありません。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ