安全な取引のために!不動産売買の仲介手数料について

安全且つ仲介手数料を抑えたい貴方に

安い仲介手数料には訳がある

仲介手数料をなるべく抑えるにあたってまずはこの仲介手数料というものをきちんと理解しておく必要があります。

そもそも仲介手数料とは一般的に不動産売買時や賃貸借時、買い手と売り手の間に入って契約などの業務を進めてくれた仲介会社へのお礼として支払わなければならない手数料のことです。
しかしこれは契約が成立して初めて発生するものであり、契約自体が流れてしまった場合は支払いの必要はありません。
あくまでも仲介手数料とは契約の成功報酬と考えておきましょう。

では仲介手数料の相場の話になりますが、これは宅地建物取引業法により上限が定められております。
不動産売買価格に対しての割合となりおおまかには以下の通りになります。
売買価格が200万円以下であれば手数料は5%、201万円~400万円以下であれば4%+2万円、401万円以上であれば3%+6万円が上限になりますが別途消費税がかかるという点で注意が必要です。
賃貸借の場合はまた異なり、上限は家賃1か月分までとなっております。
また、これらはあくまでも仲介手数料の上限金額というだけなので上限を超えさえしなければ極端に安かろうが極端に高かろうが法的には何の問題もありません。

ここまでの流れを見れば仲介会社を挟まないで直接売り手と買い手が取引すれば仲介手数料を取られなくて済むという結論に至るわけですが、やはり複雑な業務が絡む以上、不動産業の経験でもなければリスクは膨大。
仲介手数料を抑えようとしても仲介会社を挟まないという選択肢は基本的に無いものと考えましょう。


ページの
先頭へ